プロフィール

【 黒川泉水 くろかわせんすい 】

1962年、山梨県丹波山村(たばやまむら)に生まれる。
名前は「黒川谷」と「泉水谷」から拝借したが、本名は木下和彦という自然豊かな世界でないと棲息できない絶滅危惧人種。
父が丹波山村、母が小菅村出身のハーフというだけでなく、父方の祖母は奥多摩湖に沈んだ小河内村、母方の祖母は源流の一滴、笠取山水干のある甲州市一之瀬地区出身という多摩川源流DNAの血統書。
2014年に丹波山村職員を退職し、現在は自由気ままに暮らしながら、丹波山村観光協会公認ガイド、大多摩観光連盟登山ガイド、日本自然保護協会(NACS-J)自然観察指導員、環境省自然解説員の怪しいインタープリターとして多摩川源流域のフィールドに出没しながら、村文化財審議員として、郷土史研究をライフワークにしている。
カエルとセミが大好きで、一番欲しいものは「ききみみずきん」。愛読書はレイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」と沢木耕太郎の「深夜特急」。

 【 愛犬 しゅわんつ君 】

1991年、奥多摩は雲取山の麓、三条の湯(さんじょうのゆ)で生まれる。
愛称は「しゃんちゃん」「しゃんぞう」「しゃんきち」「しゃんたろう」など多数だが、正しい名前はGPライダー「ケビン・シュワンツ」からいただいた。
熱く激しい走りはシュワンツそのもので、飼い主同様、山と渓谷と雪が大好きで放浪癖のある山男ならぬ山オス♂。
愛読書は野田知祐の「カヌー犬ガク」、シェルパ斉藤の「犬連れバックパッカー」、しげの秀一の「バリバリ伝説」。
好きな食べ物は「ヤマメの甘露煮まぜご飯」と「アイスクリーム」。
2007年1月15日の朝、黒川泉水の腕に抱かれ、大好きな妻に見守られる中、虹の橋を渡り永遠の旅に出た。享年16歳。

【 元祖☆Tabasky がんそ☆たばすきー 】

1997年10月に誕生した丹波山村公式マスコットキャラクターであり、ゆるキャラでもある「タバスキー」の発案者であり名付け親。
平面のタバスキーを3D化して気ぐるみにしたのも、粘土細工による遊び心から生まれた。
奇しくも、平面ガエルの「ピョン吉」が登場する「ど根性ガエル」の作者、吉沢やすみさんは高校の先輩にあたる。ちなみに寿司屋の「梅さん」のモデルとなった方には、3年間保証人になってもらっていた。
ロゴマークの作者はデザイナーの永倉智彦さん、「大きな自然のポケットです。山の山の手。丹波山村。」のキャッチフレーズはコピーライターの一倉宏さんという、ビックネームの協力があってこそ生まれたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA