月別アーカイブ: 2006年7月

国の使いやあらへんで!

c20060727murasaki今度の”不法侵入者”は「国からの使い」でした!
1頭の国蝶、オオムラサキ!
優雅に舞う姿・・・ではなく、家の中をジタバタと飛び回りました!

レースのカーテンにとまって大きな羽をゆっくりとパタパタとくつろいでいる!
しかも、数日前にも別の1頭が娘の手に止まって”くつろぎモード”だった。

最近ではあまり見なくなっていただけにうれしいのだ!もっと増えてくれればうれしいな~。
そういえば、小学生時代に1度つかまえて飼ったことがあった!
ウン十年前の夏休み・・・

朝まで生カブト!

c20060724kabuto我が家のかぶと養殖工場、略して”カブ樽”
実は漬物用の樽なのである!

出てくる、出てくる・・・、うようようよ~!
オスは、かわいそうなことに、角が”皮かぶり(笑)状態”
メスは、おしゃれなオレンジの産着!

ちなみにクワガタも今”うようよ”しています。
みんな立派な家に住んでいます。
「深山亭」「小桑苑」「赤足会館」「兜屋敷」、予備として「ホテル・ニュー小桑」も用意してありますよ~。
病院も「産婦人科」と「接骨院」もあるのだ。
どうだまいったか!

しかし、人は笑う・・・妻も・・・娘も・・・しゅん(-_-;)

七転び、ナナフシ!

c20060722nanafushi最近、ナナフシが増えてきた。
昔はこの辺にはあまりいなかったのに・・・。正直、都会の虫だと思っていた!

しかし、しゅわんつ通信、なんだか最近「虫ブログ」みたいになってきたな~

仕方ありません・・・何てったって”しゅわんつ”はその昔、自他ともに認める昆虫少年だったのです。

カブト・クワガタなんぞは、朝一に総取り!
友達がやってくる頃には、もう1匹も残っていません状態でしたから~!

森のくまさん!

c20060721kumaichigoみずみずしいね~!”クマイチゴ”の実です。
まだちょっと若すぎますが・・・
このイチゴ、正確には”エビガライチゴ”というのだそうだが、しゅわんつの村では、これを”クマイチゴ”と呼んでいる。
これが、また、うまいんですよ。
山のイチゴの中でも、とびきり、キイチゴ(モミジイチゴ)とクマイチゴは・・・ウマイぞ!夏の味覚です。
収穫が楽しみだな〜!はやく大きくな~れ!

”いかだレース”参戦!

c20060717ikada獅子舞大好きの「ちょい悪オヤジ」ならぬ「酒グセ悪オヤジ」5人組で”いかだレース”に参戦!
4年連続で、こだわりの”竹のいかだ”
黄色のゼッケン46で、気分は”バレンチーノ・ロッシ”
ぶっちぎりのチャンピオン走り!と行きたかったが、
完走は果たしました!
しかし、水のきれいな”楽園”に暮らす我々にとって、この「水の臭さ」は何とかならないものかな~

深夜の不法侵入者!

c20060711semiuka深夜に・・・物音が!
「トコ・トコ・トコ・・・」と歩いてやってきた、我が家への不法侵入者!
犯人?は「セミの幼虫」です。
網戸にねぐらをつくると、翌朝には立派な成虫になっていました。
このセミは、このあたりでは”ミンミン”に対抗?して”シンシン”と呼ばれています。

”さなぎ”じゃ~!

c20060710kabusanagi夏本番前・・・ですね。
夏休みの子供たちの楽しみといえば?

そう、昆虫採集です!
で、夏休みを前にカブト虫たちも準備態勢が整っているみたいです。

畑の堆肥の中にはごらんのとおりの大家族が暮らしていました。

でも、さなぎさん、ビックリさせてごめんなさい。
こちらもかなり、ビックリしたけどね。

仁義なき戦い こわもての”すじもの”!

c20060706shirosujiでかい!でかすぎる!
クワガタ取りに行ったら出やがった
「シロスジカミキリ」なんていっても、全然白くないしぃ~、黄色いしぃ~!
シロスジって言うくらいだから、きっとスジ者なんだろうなぁ。
確かに、声はでかいし、目つき悪いし、切れ物持ってるしぃ・・・。
まぁ、大きい”ってのも、ひとつの魅力なのかなぁ~

ムグリちゃん!おはよう!

c20060704muguriクワガタの幼虫かと思いきや・・・
生まれてきたのは、カ~ナブン、ブン!

そうです。カナブンです!
正式には”ハナムグリ”であるらしい。

カナ・・・、カナ・・・、悲しい・・・。
“悲しみ笑い”というものがあるのをはじめて知った。
決して、ハナムグリが悪いわけではない。

“みにくいアヒルの子”だって”白鳥”になるのだ!
そういえば、タモリが話していたのはハナムグリ語だったけ?