野鳥」カテゴリーアーカイブ

もず公のおすまし!

向かいの家の物置でおすまししているモズちゃんなのだ。漢字では「百舌鳥」と書くのだが、漢字3文字に読み2文字、ルビはどうふるのだ?もうすぐ入学式シーズン、名札をつけなきゃダメでしょう。百の舌ね〜、二枚舌の生き物はしゅわんつ… 続きを読む »

帰ってきたウルトラ・チョーマン!

啓蟄も過ぎて、何だかワクワクしているしゅわんつである。虫たちではないが、最近チョーマンがよそよそしいのだ。以前に、我が家を訪れるスズメちゃんのエサを横取りした時、こんこんと説教してあげたことがある。反省したらしく、その後… 続きを読む »

舌の肥えたスズメちゃん!

今、 「スズメ」がかわいい・・・いつもこの木から我が家をのぞいて、えさを待っているようだ。我が家では古いお米、去年の夏、虫に食われてしまったお米を「チョ-マン」でなく「スズメちゃん」にあげるのが日課になってしまった。日に… 続きを読む »

復活!我が家の訪問者!

お待たせいたしました。しゅわんつ通信もずいぶんサボってしまいました。で、久しぶりの来客は、「チョーマン」です。ドイツ人みたいな名前だが、日本に住んでいるのだ。本名は”ヒヨドリ”という。チョー、チョ… 続きを読む »

”トンビ”は”トンマ”である

吾輩はトンビである。名前はまだ無い、でしょうね。高尾橋脇にある、この木のてっぺんが大好きのようだ。“ピーヒョロロォ~”と鳴いては旋回飛行を繰り返している。何を狙っているのだろうか・・・「さてさて、… 続きを読む »

がんばれ~!負けるもんか!

”チチン、チチン”と鳴きながら清流を舞う「キセキレイ」しゅわんつの村では、その鳴き声から「チチン」と呼ばれ、親しまれています。 この兄弟?は、ゴールデンウィークに巣立ったばかりの赤ちゃんです。野鳥の赤ちゃんもまた、村では… 続きを読む »