月別アーカイブ: 2008年8月

渓流の”蛙王”、ナンビン選手!

c20080817kajikagaeru大雨の中、キャンプ場の管理人室にクライマーが現れた!
本日の訪問者は、夏の渓流できれいな声で鳴く”蛙王”、カジカガエルの赤ちゃん?である。
しゅわんつの村では「ナンビンゲーロ」などと呼ばれているが、あまり可愛くない名前だな~。
カエルの総称は「ケーロンチョ」なんて、とても可愛い愛称があるのに・・・。
ちなみに素っ裸のことを「ハダカンチョ」とも言う。だからハダカンチョのケーロンチョなのだ。
腹も黒くないし白いのだ!
お腹のゴミを見て「これ何?」と聞いた娘・・・
「おへそだよ!」と答えたのだが「へー、こんなところについているんだ!」と、完全に信じ込んでいる・・・
このままではマズイと思い、真実を教えてあげたのだが、なぜか冷たい視線とともに口を聞いてくれなくなってしまった・・・

髪結いの亭主、ゴマダラ先輩!

c20080808gomadaraゴマダラカミキリのバカップルを見つけてしまった。
真昼間、しかも大衆の面前で、なんともふしだらな、不謹慎なやつらだ。近未来的なペアルックのファッションで、手足までロボットみたいなアクセサリーをつけている。
ここは渋谷でもギロッポンでもないのだぞぉ~、ポ~ポッ!
そうか、このゴマダラ先輩のオスは”髪結いの亭主”ならぬ”カミキリの亭主”ではないか?
どうりで真昼間から元気モリモリなはずである。ポッポッ!
「撮影してもいい?」と聞いてみたが返事もしない。
自然界の営みなので盗撮にはならないだろうから、かーんべん!

チビコクワ、悲願の金メダル!

c20080802sujikuwa妻が突然「チビ」を連れてきた・・・
「チビ」といっても娘のことではない。
第一、娘はデカイのだ!
連れてきたのは、可愛いクワちゃん。体長1センチ5ミリ位しかない。
“スジクワ”だろうか?”コクワ”の女の子だろうか?
さっそく「チビコクワ~」と呼んでみた。
まずい!ロシアの女子柔道選手のイメージがふくらんできてしまった・・・
そうだ、もうすぐ北京オリンピックが始まるし、日本国民だから、チビに親近感がわくのは自然なことなのだ!
実は、しゅわんつも小学生時代は自他ともに認める「チビ」であった。
朝礼では同級生の”茂雄くん”と”厚志くん”の3人で先頭争いをしていたんだ。
茂雄くんは6年連続の無敗の金メダリストだったので、実質上、厚志くんとの壮絶な銀メダル争いを繰り広げていたっけ。