月別アーカイブ: 2014年6月

犬はドッグイヤー、コピっと退職!

tp20140630_F0013突然ですが、私こと、黒川泉水(元祖☆Tabasky)、本名:木下和彦は、本日6月30日をもって丹波山村役場を退職することになりました。中途半端な時期でしたが送別会を開催していただきました。
タバスキーの飛び入りサプライズもあって、感激の涙が・・・。

勤続23年と3ヶ月・・・、最後の職務は温泉観光課長(地域おこし協力隊事務局長兼務)であったが、「こむでぃー」「やまちゃん。」「ケータ♂」の3人の隊員とチームが組めて本当に楽しかった。
思えば長く勤めてきたものだ・・・。いささかワーカホリック気味の毎日だった。
しかし、企画財政と広報担当を主に、趣味でもある自然観察会やきのこ鑑定会、風の子キャンプやスキー、沢登りなどアウトドア教室、山梨百名山の選定、ホームページ制作、ブログとSNS構築、そして”ゆるキャラ”のタバスキー誕生!と楽しく仕事をし、全国の広報担当者やインタープリターとの輪も広がった。

定年にはやや早かったが、犬の寿命と年齢に例え「ドッグイヤー退職」をすることは以前から決めていた。
私自信も「丹波が好き」という子供の時からの思いを、「役人の目」ではなく、村民の生活目線、観光客のワクワク目線でもう一度見つめ直してみたいと思う。
タバスキー産みの親として願うことは、丹波山村がいつまでも「丹波好き~な人間」の棲息できる環境であり続けてほしいのです。

そして、職員の皆さんには、常に「役場は、役場職員は、誰のために働くのか」という「原点」に帰り、丹波山村を「丹波山村らしく」育てていってもらいたいと思います。
私も影ながら応援させていただきます。本当にありがとうございました。

と同時に、ぜんぜん更新していなかったホームページとブログ、SNSを更新しなくてはイカンのだ・・・。
明日からは「温泉観光課長」ではなく、インタープリター「黒川泉水(くろかわせんすい)」に戻るのだ。
「失われた20年」ではなく、「失われた5年間?」を取り戻しながら、これからは妻と娘のため、両親のため、そして「地域の自然を見守る眼」として、自然観察とガイドをライフワークに楽しんでいきます!

「かもしれない…」のカモシカ!

blog20140610_P1911カモシカである。
天然記念物だし、奥多摩湖畔に出てきては平然と草を食んでいる。
自分のことを人間と思っていないのだろうか?

年齢的に2~3年位だろうか・・・。
そういえば数年前の夜道に現れたカモシカの赤ちゃん。(ブログに掲載)
怪我をしていたので我が家に連れて来て手当てをしてあげて”カモC”かもしれない。

カモCの恩返し、いいかもかもしれない。

珍獣ハンターのイモトアヤコ、今やアルピニストと呼ぶのがふさわしい頑張りを見せている。blog20140610_P1912
奥多摩湖でカモシカを見つける番組をやっていた。
結果、見つけたけどね。

いいかもしれない。

カモシカは

間に合うかもしれない。

六月の霧、五三の桐は我が家のカモーン!

blog20140606_P1863新緑も過ぎ、もはや初夏という季節にふさわしい。
藤の花、桐の花の「紫」染めたる旗風、でなく花が優雅である。

桐は我が家の「家紋」でもある。五三の桐、

また五三でなく、わがオジキ分に「五七」という人がいて、男で5番目、全員で7番目という理由から名付けられたというのだから、誤算の桐になってしまう恐れもあるのではないかと思ったりもした。

奇しくも関東地方は昨日「梅雨入り」したとのことである。平年より3日早く、昨年より5日早いという。こちらも「五」と「三」だ!なんて日だ!