月別アーカイブ: 2014年7月

つちのこ、はちのこ、ゴマちゃん?

tp20140730_P2831アシナガバチの巣を駆除した。ハチアブジェットでシュワーと一発!
しまった、また写真を撮るのを忘れてしまった・・・。しかも駆除した後、巣まで捨ててしまった。

残された「はちのこ」が2匹、葉っぱの上に残されていたけど、猛暑の下ではかわいそう過ぎる。といっても、死んでいってしまう運命なんだけれど、我ら人間の勝手な行動でごめんなさい。
我が家にはハチに刺されるとアナフィラキーショックで人間もまずい症状になってしまう人もいるので、ごめんね、君たちとは共存は出来ないんだ。

でも、2匹並んでヨチヨチ歩く姿は可愛いではないか。
我が家の訪問者シリーズ、はちのこは初登場なので、君たちの生きた証として紹介させてくださいね!

生き地獄、あり地獄!

tp20140729_P2757「てっくん、てっくん、あーがれ♪」の応援歌(?)とともに、子供の頃は「アリジゴク」の巣を掘ってアリジゴクと遊んだ。

大きな穴には大きな「てっくん」が、そして小さな穴にはちいさな「てっくん」がいた。
でもね、「てっくん」は決して「てっちゃん」ではないのだ。
てっちゃんの世界も「乗り鉄」「撮り鉄」など、奥が深いらしい。tp20140729_P2759

こちらの「てっくん」、ご存知、ウスバガゲロウの幼虫なのだが、円錐形の穴の深さは大きいものでも3センチくらいだろうか、で、「てっちゃん」はその直下に待機していて、穴に落ちて上れないアリを食べているのだ。

この「てっちゃん」結構満腹らしく、おなか周りもパンパンのメタボ体型でありました。

沢井の獅子舞、しかと見てきました!

tp20140727_0123丹波の獅子舞の元祖と云われる「沢井の獅子舞」を見てきた。
沢井の八雲神社である。またまた愛車KSRにも見せてあげたくて

角兵衛流の獅子舞で沢井丹波の獅子舞大好きな「元祖☆Tabasky」としても、今日こそは見ない訳にはいかないだろう。
平狂、竿懸、婦獅子蔵、太刀狂、紅懸、御祈祷を演目を重ねてきているが、獅子も白刃もお囃子も担当した私には「ここが似ている」「ここのストーリーは?」「唄が同じだ」と感慨深く見入ってしまった。

平狂・・・子供の演目であったが、丹波には該当するのがなかった。
竿懸・・・そのまま「竿懸かり」であったがジャンプはせず、懸かるのも「雌獅子」から!
婦獅子蔵・・・「隠し」でなく「蔵」というあたりに何かを感じる!tp20140727_0113
太刀狂・・・丹波での「白刃の舞」
紅懸・・・丹波での「帯懸かり」に近いが、帯を持つのがヤットコさんで3人。失礼だが笑ってしまった。
御祈祷・・・丹波での「幣懸かり」に近い。

ビデオにも収めてきたのでいつの日か、丹波山村民に公開したいものである。
その時は「こむでぃー」よろしくね!

天地の生気、再び?

tp20140719_2313夏の甲子園、今日は県予選の準決勝、我が母校、日川VS東海大甲府戦。
甲府の小瀬球場である。
我々の草野球チームもこの本格的なグランドでプレーした。黒川泉水は背番号10、そうキャプテンだったのである。打順は4番を張った(わがまま言って張らせてもらった!)のである。ポジションは守備の要、聖域のセカンドであった。

数年前の市町村対抗大会では危うく「選手宣誓」の一番くじを引いてしまった、結果雨で開会式が中止になってまぬがれたが・・・、いやはや、トホホとホットであった。

準決勝もうひとつの試合も、山梨学院高校VS日本航空高校である。
私学勢の中にあって、公立校のわが母校は昨年の甲子園出場校。
今回も優勝すれば、県内の公立高校初めてとなる「2年連続出場」を目指したが、残念!

しかし、現役生徒、学校関係とともに「校歌」「生徒会歌」「応援歌」を歌ったが、すんなりと歌えた。心が、体が、脳みそが覚えているのだろう。
そのほかのことは「激しい物忘れ状態」になってしまっているのに・・・。
青春時代の記憶は頭ではなく、心と涙と汗で記憶しているのだろうな!

夢の庭園でリフレッシュ!

tp20140716_P2587愛車KSRと久しぶりのツーリングに行ってきた。
高校時代をすごした街から、妻の生まれた街に続くこの道。

バイクでのツーリング、これって「俺の原点」なんだろうな~。
16歳から始まった「野宿ライダー」の遍歴、相棒(恋人)となったマシンたちも個性豊か。tp20140716_P2551tp20140716_P2544

SUZUKI GT380
KAWASAKI RS750 ZⅡ
KAWASAKI GPZ750
YAMAHA SRX600
HONDA CB750
KAWASAKI ZEPPYER 1100
KAWASAKI KSR 110